アクセス情報

大阪大学 心臓血管外科
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-15
TEL  :  06-6879-3154
FAX  :  06-6879-3163

メールでのお問合せはこちら

最寄駅
大阪モノレール阪大病院前
駐車場  あり
受付時間 8:30~11:30
予約がある場合は午後も受付
面会時間(一般病棟)
12:00~19:00

先進治療

重症心不全

心移植

心移植について

 心臓移植はこれまでの内科的・外科的治療では救う ことのできない重症の心不全の患者さんを治療する方法で、すでに欧米では普及しています。日本では1997年10月にようやく「臓器移植に関する法律」が施行され、その1年4カ月後の1999年2月28日に日本で初めての心臓移植が当院で実施されました。それ以後、臓器提供者数は増えましたが、依然として 臓器提供が少なく、2011年末までで120人の心臓移植しか行われていません。現在、日本では心臓移植を必要とする患者さんが年間300~500人いると言われ、その方たちの半分は1年以内に死亡しているのが現状です。

 当院は、心臓移植実施施設に認定され、1999年2月28日に日本で初めての心臓移植を実施しました。この患者さんは1年以上強心剤の静脈投与が切れない ベッドレストの状態が続き、最後の3ヶ月間は補助人工心臓を必要とする状態になっていました。しかし、心臓移植を受け、強心剤も補助人工心臓も必要なくなり、移植後9カ月目に職場復帰も果たされました。

 ひとえにドナーの方とその御家族の尊い意思によるものですが、心臓移植を行うことでこれまで治療できな かった重症の心不全の患者さんを救命できるようになりました。心臓移植を必要としている患者さんの数に比較すると、臓器提供される方の数はまだまだ少ない ですが、日本でも心臓移植が定着して多くの患者さんが助かることを期待しています。

我が国における心移植実施件数
1990年2月
脳死臨調設置
1992年1月
脳死臨調による最終答申
1997年6月
臓器移植法案成立
1997年10月
日本臓器移植ネットワークへの登録開始
1999年2月
法律下の最初の心臓移植
2010年7月
改正臓器移植法施行

(2011年末までのデータ)

ページトップへ戻る

心臓移植患者さんの原疾患

術前循環補助

阪大病院における心移植の成績

我が国における心移植実施件数
復職 14 在宅リハビリ中 4
復学 3 入院中 1
退職 4 死亡 4
専業主婦 4    
心移植後の患者さんの生活

ページトップへ戻る