アクセス情報

大阪大学 心臓血管外科
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-15
TEL  :  06-6879-3154
FAX  :  06-6879-3163

メールでのお問合せはこちら

最寄駅
大阪モノレール阪大病院前
駐車場  あり
受付時間 8:30~11:30
予約がある場合は午後も受付
面会時間(一般病棟)
12:00~19:00

先進治療

再生治療

自己骨格筋筋芽細胞を用いた心不全治療

 自分の心臓では生命を維持できないほど心機能が悪化した患者さんでは、補助人工心臓を装着し、心臓移植を待つ以外に治療法はありません。心臓移植は極端なドナー不足のため非常に限られた数の患者さんしか受けることができず、長期に及ぶ心臓移植待機期間中に補助人工心臓の合併症のために命を落とされる患者さんが多くいらっしゃるのが現状です。

 これら従来の治療にかわる治療法として、再生治療が現在世界中で注目されつつあります。当教室では、以前より自分の足の筋肉から採取した筋芽細胞とよばれる若い細胞が、弱った心臓の筋肉を再生させる力があることを多くの基礎実験、臨床研究で示してきました。さらに、組織工学技術を応用して培養皿で育てた細胞をシート状に形成する方法を用いて、足の筋肉から採取した筋芽細胞をシート状にして心臓に移植する方法を確立しました。そして、この方法を用いた再生治療を世界で始めて行いました。この治療は人工心臓を装着された重症心不全の患者さんに行われましたが、患者さんは人工心臓が外せるほどに心機能が回復し、無事退院され、現在は健康な人と変わらない生活をされています。

 また当教室では、日本で開発された万能細胞(iPS)の技術を心臓の再生治療に応用する研究も進めています。これらの治療法は、現在研究段階ではありますが、今後確立されれば多くの患者さんで補助人工心臓からの離脱が可能になり、また心臓移植の必要がなくなることが期待され、現在補助人工心臓・心臓移植が抱える多くの問題を解決することが可能となると考えられています。

細胞シート治療

ページトップへ戻る

JNNニュース

ページトップへ戻る