第541回 大阪外科集談会
日 時:平成16年9月18日(土)午後1時より
 
場 所:コミュニティープラザ大阪
大阪市福島区福島3-1-73
TEL (06) 6454-1153

 

演  題

  1. 縦隔内甲状腺腫瘍の一例
    独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 外科
    森下祐次、沢村敏郎、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田 裕、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政

  2. EMR後1ヶ月で急速増大をきたした食道癌肉腫の一例
    田附興風会医学研究所 北野病院 外科
    綾野志保、金井陸行、水上 陽、田上修司、廣岡 智、渡辺健太郎、門川佳央、笹田哲朗、木下浩一、水本明良、田野龍介、高林有道

  3. 副乳腺原発と考えられた乳癌の一例
    大阪府立急性期・総合医療センター 消化器一般外科
    齋藤哲也、青野豊一、中井澄雄、山本重孝、森本芳和、竹内幸康、三方彰喜、西川一宏、吉田卓也、田中康博

  4. 当院で経験したPseudoangiomatous hyperplasia of mammary stromaの一例
    関西医科大学附属病院 外科、臨床病理*
    大石賢玄、山本大悟、三宅 岳、兼松清果、奥川帆麻、坂井田紀子*、植村芳子*、田中完児、上山泰男

  5. 早期胃癌を合併した胃Schwannomaの一例
    富田林病院 外科
    吉川 清、荻野信夫、道清 勉、赤松大樹、濱田栄作、須崎剛行

  6. 右胃大網動脈を用いた冠動脈バイパス術後の胃癌に対し幽門側胃切除術を施行した一例
    大阪大学大学院医学系研究科 病態制御外科
    村上倫子、藤田正一郎、藤原義之、瀧口修司、宮田博志、安田卓司、土岐祐一郎、門田守人

  7. AFP産生胃癌の一手術症例
    大阪警察病院 外科、病理*
    末吉孝一郎、仲原正明、水谷 伸、打越史洋、吉留克英、大山 司、鳥 正幸、上島成幸、大隈和英、平岡和也、
    友國 晃、中村幸生、平 将生、岡 一雅*、辻本正彦*


    教育セミナー
     『放射線治療、最近の話題 −術前照射療法を中心に −』  
       田附興風会北野病院 放射線科  高木 雄久 先生

  8. 脳転移を契機として発見された胃癌の一例
    大阪市立大学大学院 腫瘍外科
    岩内武彦、小島隆司、井上 透、阿古英次、天野良亮、野田英児、李 友浩、田村達郎、村田哲洋、山田靖哉、
    澤田鉄二、平川弘聖

  9. 低用量TS-1が有効であった高齢者、大腸癌肝転移の一例
    NTT西日本大阪病院 外科
    村上昌裕、大西 直、星野宏光、今里光伸、武元浩敏、浅岡忠史、加納寿之、木村 豊、岩澤 卓、東野 健、中野芳明、矢野浩司、門田卓士

  10. 空腸間膜原発と思われる巨大GISTの一手術例
    大阪厚生年金病院 外科、病理科*
    吉井真美、伊藤 章、山崎芳郎、弓場健義、籾山卓哉、赤丸祐介、楠 貴志、高橋秀和、長田陽子、宮田俊男、山本俊介
    、大野喜代志、中桐伴行、藤森孝人、森山 睦、春日井務*

  11. 門脈ガス血症と腸管嚢腫様気腫症を呈した腸管壊死の一例
    田附興風会医学研究所 北野病院 外科
    鈴木進子、笹田哲朗、廣岡 智、水上 陽、田上修司、渡辺健太郎、門川佳央、木下浩一、金井陸行、水本明良、田野龍介、高林有道

  12. 感染性心内膜炎術後に併発した腸間膜動脈瘤破裂の一例
    大阪大学大学院医学系研究科 臓器制御外科
    網島 亮、野中健太郎、北川 透、中島清一、西田俊朗、長谷川順一、種村匡弘、藤井 仁、西村潤一、伊藤壽記、松田 暉

  13. 胆嚢癌との鑑別に難渋した胆嚢良性腫瘍の一例
    市立岸和田市民病院 外科、救急診療科*、消化器内科**
    馬殿徹也、古元克好、冨野敦稔*、白石光弘、山中英治、小切匡史、笠原勝宏**

  14. 肝細胞癌と術前診断された炎症性肉芽腫の一例
    大阪市立大学 肝胆膵外科、病院病理部*
    吉田昌宏、久保正二、上西崇弘、市川 剛、田中 宏、首藤太一、竹村茂一、田中肖吾、酒部 克、山本訓史、正 寛、
    高台真太郎、瀬尾浩之、若狭研一*、広橋一裕

  15. 特異な進展様式を示した胆管細胞癌の一例
    淀川キリスト教病院 外科
    前田 栄、塚本忠司、若原智之、椋棒英世、佐藤俊輔、中岡達雄、辻村敏明、加地政秀、豊川晃弘、脇田和幸、
    大西律人、塩川智司、濱辺 豊、石田 武


当番施設  田附興風会北野病院 外科
      〒530-8480 大阪市北区扇町2-4-20
      TEL:06-6312-1221
      FAX:06-6312-8867

 
大阪外科集談会トップページへ戻る