大阪大学大学院医学系研究科 核医学講座 / 大阪大学医学部附属病院 核医学診療科・放射線部 Department of Nuclear Medicine and Tracer Kinetics, Osaka University Graduate School of Medicine
HOME
HOME > 高度人材育成「分子イメージング」
  • 核医学講座 博士課程 大学院生募集
  • 大阪大学医学部附属病院ホームページへ
  • 大阪大学大学院医学系研究科・医学部ホームページへ
  • 大阪大学ホームページへ
高度人材育成「分子イメージング」
分子イメージング創薬プロフェッショナル育成コース(高度職業人育成科)

分子イメージングは、生体内の分子の挙動を画像化する技術で、医学、歯学、薬学、理学、工学、情報科学の学際的複合領域である。その応用は、社会的要請の高い悪性腫瘍、認知症、生活習慣病の早期診断、新規治療薬の開発、精神科領域疾患や小児の発達障害の病態解明にとどまらず、生命現象をより深く理解するための科学技術として、次世代の知的産業の創成に基幹的役割を果たす。分子イメージング分野の研究を推進し、その成果を速やかに社会に還元するためには、従来の学問領域を越えた教育システムによる人材育成が急務である。

大阪大学において大学院修士(博士前期)課程に在籍している者を対象に、医学、歯学、薬学、理学、工学、情報科学にまたがる広範な領域の先端的知識を活用できる研究者、医師、歯科医師、薬剤師、放射線技師、看護師、治験計画立案者などを養成する「PET分子イメージング」教育プログラムを設置、実施する。この教育プログラムは、PET分子イメージングの基盤技術であるPET関連機器、分析機器の開発に携わる研究者、分子プローブの設計、評価、薬物動態・薬効の画像解析に携わる研究者、および新薬の治験計画立案者の育成等、幅広い人材育成を目指す。この教育プログラムは、大阪大学臨床医工学融合研究教育センター(http://www.mei.osaka-u.ac.jp/index.html)を基盤組織とし、創薬候補物質探索拠点(理化学研究所)と連携し、受講生の実習、プログラム修了後の博士課程後期学生の研究指導を行なう。本教育プログラム修了者(大学院博士課程後期)は、研究能力および研究指導能力をさらに向上させるために、大阪大学と創薬候補物質探索拠点の共同研究に参画している。

Copyright (C) Department of Nuclear Medicine and Tracer Kinetics, Osaka University Graduate School of Medicine, All Rights Reserved.
大阪大学大学院医学系研究科 放射線統合医学講座 核医学講座 / 大阪大学医学部附属病院 核医学診療科・放射線部