大阪大学大学院医学系研究科 核医学講座 / 大阪大学医学部附属病院 核医学診療科・放射線部 Department of Nuclear Medicine and Tracer Kinetics, Osaka University Graduate School of Medicine
HOME
HOME学会報告 > EANM2013
  • 核医学講座 博士課程 大学院生募集
  • 大阪大学医学部附属病院ホームページへ
  • 大阪大学大学院医学系研究科・医学部ホームページへ
  • 大阪大学ホームページへ
海外留学記
学会レポート
 
   
26th European Association of Nuclear Medicine
Lyon, France,
October 19-23, 2013
花岡宏平
(大学院博士課程)
 

はじめに  

2013年10月19日から23日までの5日間、フランスのリヨンで欧州核医学会(European Association of Nuclear Medicine;EANM)が開かれた。今回私は、畑澤教授、渡部直史助教とともに参加する機会を得たので報告する。

RI内用療法について  

6月にカナダのバンクーバーで開催されたSNMMI(松永先生のレポート参照)で最も代表的な画像に授与されるimage of the year”にRadium-223 Dichloride Response in Bone Metastases in Breast Cancer Patients”が選出されたことは記憶に新しい。内用療法に関する取り組みは欧州で盛んな傾向にあり、全演題数に占める割合もEANMの方が上回っている。今回、ドイツのグループは「Advantages and disadvantages of out-patient treatment with radium-223 dichloride」というタイトルで外来によるアルファ線治療の治療の妥当性について検討していた。またスウェーデンのグループは"Hematologic Safety Profile of Radium-223 Dichloride (Ra-223) From the Phase 3 ALSYMPCA Trial in Castration-Resistant Prostate Cancer (CRPC) Patients With Bone Metastases"というタイトルで血液学的な指標を通じて安全性と有効性について論じていた。アルファ線を用いたRI内用療法は、本邦においても一部の薬剤の治験が順調に進行しており、近い将来多くの施設で使用が可能になることが期待されている。国際学会を通じて知り得た情報を大切に生かし、今後の臨床・研究に反映していきたい。

今回のEANMの特徴について  

今回の学会参加では「自身の研究発表」あるいは「分子イメージングに関する国際的な動向の調査」といった、これまでの国際学会参加で目的とした項目の他に、「来年当講座が担当する日本核医学会総会を盛り上げるための情報収集」を念頭に置き参加した。今回の学会参加で気づいたいくつか点の一部を以下に挙げる。 まず、これまで全参加者に配布されていたまるで電話帳のような抄録集は完全に姿を消し、代わりに専用のアプリが公開され、ipad等のデバイスで演題内容やスケジュールを確認する参加者が多く見受けられた。会場内全域で無料のWifiが使用可能であり、日本からの参加者同士で連絡を取る際にも便利であった。また、今回のEANMでは非常に積極的なfacebookを用いた広報活動が行われていたことが印象的であった。前日のハイライトなどの他には学会期間中の天気予報やフードコートのメニューといった情報まで掲載されており、今後の国際学会のスタイルが感じられた。

さいごに  

共通言語である英語を用い、様々な国の研究グループと議論をすることは現在の自分を客観的に見つめるためにも重要であり今後の研究活動の励みにもなると感じた。国際学会を「戦」と例えるなら、英語を練習することは「刀を研ぐこと」に当たると思う。次回の国際学会では悔いの無い発表を行いたい。

シンポジウムの一幕

 

 

旅館の受付ではなく、日本核医学会のブースです

世界遺産に指定されているリヨンの旧市街

   
 
 

 

 

       
       
Copyright (C) Department of Nuclear Medicine and Tracer Kinetics, Osaka University Graduate School of Medicine, All Rights Reserved.
大阪大学大学院医学系研究科 放射線統合医学講座 核医学講座 / 大阪大学医学部附属病院 核医学診療科・放射線部