• 教授ご挨拶
  • 研究内容
  • メンバー
  • 研究業績
  • Alumni
  • ニュース
  • 募集情報
  • Photos
HOMEメンバー > 本田 知之

メンバー

准教授:本田 知之

准教授本田 知之

略歴

平成5年4月 大阪大学医学部入学
平成11年3月 大阪大学医学部医学科卒業
平成12年4月 大阪大学大学院医学研究科博士課程入学
(生体制御医学専攻 分子生理化学 高井義美研究室)
平成16年3月 大阪大学大学院医学研究科博士課程修了

職歴

平成11年6月 大阪大学医学部附属病院 医員(第1内科)
平成13年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
平成16年4月 大阪大学大学院医学系研究科 特任助手
平成17年4月 三重大学大学院医学系研究科 助手
平成18年4月 三重大学医学部附属病院 医員(精神神経科)
平成19年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(大阪大学微生物病研究所 生田和良研究室)
平成22年2月 東京大学医科学研究所 助教
平成23年10月 京都大学ウイルス研究所 助教
平成28年4月 大阪大学大学院医学系研究科 准教授
平成28年10月 大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 准教授(兼任)

受賞歴

平成11年 山村賞(大阪大学医学部)
平成26年 日本ウイルス学会杉浦奨励賞(日本ウイルス学会)

ポリシー

基本に忠実に、新しい発想で研究する

研究内容

テーマ1:ウイルスとレトロトランスポゾンとの相互作用
テーマ2:神経ウイルスの病原性を用いた精神疾患の病態解明
テーマ3:核内でのウイルスと宿主の攻防

所属学会・研究会

日本ウイルス学会
日本分子生物学会
日本ボルナウイルス研究会
関西ウイルスクラブ (世話人)

関連リンク

科研費実績
大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター

趣味

後進の教育(教えるのは大好きです!基礎配属学生・大学院生募集中です!)
読書全般(ビジネス書全般、小説なら海堂尊)
鬼束ちひろ
(子供と)ポケモン

主な研究業績

(*はEqual contribution、**はCorresponding author)
1. Honda T. (**) , Sofuku K., Kojima S., Yamamoto Y., Ohtaki N., Tomonaga K.
Linkage between the leader sequence and leader RNA production in Borna disease virus-infected cells.
Virology 510, 104-110, 2017
2. Tokunaga T., Yamamoto Y., Sakai M., Tomonaga K., Honda T. (**)
Antiviral activity of Favipiravir (T-705) against mammalian and avian bornaviruses.
Antiviral Research 143, 237-245, 2017
3. Honda T. (**) , Sofuku K., Matsunaga H., Tachibana M., Mohri I., Taniike M., Tomonaga K.
Detection of antibodies to Borna disease virus proteins in an autistic child and her mother.
Japanese Journal of Infectious Diseases 70(2), 225-227, 2017
4. Honda T. (**)
Links between human LINE-1 retrotransposons and hepatitis virus-related hepatocellular carcinoma.
Frontiers in Chemistry 4, 21, 2016
5. Honda T. (**) , Yamamoto Y., Daito T., Matsumoto Y., Makino A., Tomonaga K.
Long-term expression of miRNA for RNA interference using a novel vector system based on a negative-strand RNA virus.
Scientific Reports 6, 26154, 2016
6. Honda T. (**), Tomonaga K.
Endogenous non-retroviral RNA virus elements evidence a novel type of antiviral immunity.
Mobile Genetic Elements 6(3), e1165785, 2016
7. Sofuku K., Parrish NF., Honda T. (**), Tomonaga K.
Transcription profiling demonstrates epigenetic control of non-retroviral RNA virus-derived elements in the human genome.
Cell Reports 12, 1-7, 2015
8. Kojima S., Honda T. (**), Matsumoto Y., Tomonaga K.
Heat stress is a potent stimulus for enhancing rescue efficiency of recombinant Borna disease virus.
Microbiology and Immunology 58(11), 636-642, 2014
9. Honda T. (**), Tomonaga K.
Nucleocytoplasmic shuttling of viral proteins in Borna disease virus infection.
Viruses 5(8), 1978-1990, 2013
10. Honda T. (**), Tomonaga K.
Host Molecular Chaperones: Cell Surface Receptors for Viruses.
Heat Shock Proteins 7, 293-307, 2013
11. Honda T., Yoneda M., Sato H., Kai C.
Pathogenesis of Encephalitis Caused by Persistent Measles Virus Infection.
Encephalitis 251-262, 2013
12. Honda T., Fujino K., Okuzaki D., Ohtaki N., Matsumoto Y., Horie M., Daito T., Itoh M., Tomonaga K.
Upregulation of insulin-like growth factor binding protein 3 in astrocytes of transgenic mice that express borna disease virus
phosphoprotein.
Journal of Virology 85(9), 4567-4571, 2011
13. Horie M. (*), Honda T. (*), Suzuki Y., Kobayashi Y., Daito T., Oshida T., Ikuta K., Jern P., Gojobori T., Coffin JM., Tomonaga K.
Endogenous non-retroviral RNA virus elements in mammalian genomes.
Nature 463(7277), 84-87, 2010
14. Honda T. (**) , Horie M., Daito T., Ikuta K., Tomonaga K.
Molecular chaperone BiP interacts with Borna disease virus glycoprotein at cell surface.
Journal of Virology 83(23), 12622-12625, 2009
15. Honda T., Sakisaka T., Yamada T., Kumazawa N., Hoshino T., Kajita M., Kayahara T., Ishizaki H., Tanaka-Okamoto M.,
Mizoguchi A., Manabe T., Miyoshi J., Takai Y.
Involvement of nectins in the formation of puncta adherentia junctions and the mossy fiber trajectory in the mouse hippocampus.
Molecular and Cellular Neuroscience 31(2), 315-325, 2006
16. Honda T., Shimizu K., Fukuhara A., Irie K., Takai Y.
Regulation by nectin of the velocity of the formation of adherens junctions and tight junctions.
Biochemical and Biophysical Research Communications 306(1), 104-109, 2003
17. Honda T., Shimizu K., Kawakatsu T., Fukuhara A., Irie K., Nakamura T., Matsuda M., Takai Y.
Cdc42 and Rac small G proteins activted by trans-interaction of nectins are involved in activation of c-Jun N-terminal kinase, but not
in association of nectins and E-cadherin to form adherens junctions, in fibroblasts.
Genes to Cells 8(5), 481-491, 2003
18. Honda T., Shimizu K., Kawakatsu T., Yasumi M., Shingai T., Fukuhara A., Ozaki-Kuroda K., Irie K., Nakanishi H., Takai Y.
Antagonistic and agonistic effeccts of an extracellular fragment of nectin on formation of E-cadherin-based cell-cell adhesion.
Genes to Cells 8(1), 51-63, 2003
他、英語原著論文 28、英語総説 2、日本語総説 7、知的財産権 2

[2017.7現在]

ページの先頭へ