NEWS & TOPICS

伝習から発信へ。大阪大学大学院医学系研究科・医学部の最新情報。
  • トップ
  • >
  • NEWS & TOPICS
  • >
  • コロナ禍でのより安心・快適な患者搬送のために~ドクターカー専用アイソレーター製作を目指しクラウドファンディング開始~

コロナ禍でのより安心・快適な患者搬送のために~ドクターカー専用アイソレーター製作を目指しクラウドファンディング開始~

概要

大阪大学はREADYFOR 株式会社と実施しているクラウドファンディングプログラム「大阪大学×READYFOR」 にて、コロナ禍における安心・快適な患者搬送をめざして、ドクターカー用オリジナルアイソレーター製作費を募るクラウドファンディングを開始します。

3月22日から5月31日まで、第一目標500万円として寄附金を募ります。

本件プロジェクトについて

大阪大学医学部附属病院は災害拠点病院として災害時にDMAT(災害派遣医療チーム)を各地へ派遣し、新型コロナウイルス感染症によるクラスター発生時にも活動を行ってきました。2020年4月にはドクターカーとDMAT カーを新たに導入し、新型コロナ陽性患者さんをこれまでに51名搬送してきました。(2021年2月末時点)

新型コロナ陽性患者さんをドクターカーで搬送する際には、感染対策としてビニール製のアイソレーターを使用しています。ビニール製のアイソレーターは患者さんにとって閉塞感があり、透明性が低いため医療者側も患者さんの顔色等を観察しづらくコミュニケーションが取りにくい状況です。またドクターカー車内の感染防止の準備や帰院してからの消毒・清掃等にかかる時間は通常の患者搬送に比べ約2時間多く、1日に搬送できる患者数が制限され、スタッフにも負担がかかっています。

<オリジナルアイソレーターイメージ>の拡大図はコチラ

そのため、本プロジェクトでは患者さんの閉塞感や不安を取り払い、また医療スタッフの安全確保と負担軽減に役立つ、双方にとって安心・快適なオリジナルアイソレーターを製作することを目標にしています。オリジナルアイソレーター実現により、新型コロナウイルス感染症への対応だけでなく、類似の感染症や災害にも活用でき一人でも多くの患者さんを安全に安心して搬送できることをめざします。

センター長のコメント

<大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター 嶋津センター長>
今回めざしているアイソレーターは、人工呼吸器を必要とする重症患者さんから、座位(ヘッドアップ)をとることのできる軽症の患者さんまで幅広く対応できるものです。このような仕様の製品は市販されていません。コロナ禍がいつまで続くかはわかりませんが、新型コロナ感染症患者さんの搬送の需要は今後も続くと予想されます。現場で役に立つことがわかれば、他の施設、地域でも利用されることが期待できます。どうぞ本プロジェクトの意義をご理解いただき、ご賛同を賜りますようお願い申し上げます。

 

クラウドファンディング詳細

「コロナ禍における安心・快適な患者搬送をめざして」 ~最後の砦を守る~
URL :https://readyfor.jp/projects/handai-99
目標金額:500 万円
募集期間:2021年3月22 日(月)10 時〜5月31日(月)23 時
資金使途:オリジナルのアイソレーター1 台の製作費
形式 :All or Nothing / 寄附型