先進融合医学共同研究講座
  1. トップ
  2. 先進融合医学共同研究講座
  3. 業績2020年度

業績

業績年度別一覧

2020年 業績

発表論文

一般

  • Keisuke Hagihara*,Katsufumi Kajimoto,Satoshi Osaga,Naoko Nagai,Eku Shimosegawa,Hideyuki Nakata,Hitomi Saito,Mai Nakano,Mariko Takeuchi ,Hideaki Kanki,Kuriko Kagitani-Shimono,Takashi Kijima,Promising Effect of a New Ketogenic Diet Regimen in Patients with Advanced Cancer,Nutrients,12(5), https://doi.org/10.3390/nu12051473, 2020/05
    * Corresponding author

漢方

  • Ryota Imai,Shoichiro Horita,Yuko Ono,Keisuke Hagihara,Masaru Shimizu,Yuko Maejima,and Kenju Shimomura,Goshajinkigan, a Traditional Japanese Medicine, Suppresses Voltage-Gated Sodium Channel Nav1.4 Currents in C2C12 Cells, Bio Research Open Access,Vol.9No.1, https://doi.org/10.1089/biores.2019.0034, 2020/04
  • Shiying Jiang, Kousuke Baba, Tatsusada Okuno, Makoto Kinoshita, Chi-Jing Choong, Hideki Hayakawa, Hiroshi Sakiyama, Kensuke Ikenaka, Seiichi Nagano, Tsutomu Sasaki, Munehisa Shimamura, Yoshitaka Nagai, Keisuke Hagihara* & Hideki Mochizuki*  ,Go-sha-jinki-Gan Alleviates Inflammation in Neurological Disorders via p38-TNF Signaling in the Central Nervous System, Neurotherapeutics,Volume 17 Issue 2, https://doi.org/10.1007/s13311-020-00948-w, 2020/10/20
    * Corresponding author

総説

  • 萩原圭祐.CRPなどの急性期蛋白の産生機序.臨床検査.Vol.64(9);938-945.2020/09
  • 中野 真依、梶本 勝文、萩原 圭祐.サルコペニア・フレイル対策における漢方の役割.Progress in Medicine.40:913~918.2020/09
  • 森口三咲、萩原圭祐.漢方とアンチエイジングについて.Trends of Nutrition.195-201.2020/12/30

学会・講演会

  • 萩原圭祐. 融合医学によるフレイル・サルコペニア対策について(教育講演). 第62回日本老年医学会学術集会漢方Geriatric レクチャー. web開催. 2020/8/5
  • 萩原圭祐、梶本勝文、大佐賀智、長井直子、下瀬川恵久、中田英之、斎藤仁美、中野真衣、竹内麻里子、神吉英明、下野九里子、木島貴志. 癌ケトン食療法患者の血糖値と予後の関係についての検討. 第58回日本癌治療学会学術集会. 国立京都国際会館. ミニワークショップ(Web). 2020/10/22
  • 萩原圭祐. 次世代中医学を目指して:我々は何をすべきなのか?. 第10回日本中医学会学術総会. シンポジウム. web開催. 2020/11/22
  • 萩原圭祐. 融合医学によるフレイル・サルコペニア対策について. KAMPO Web Seminar. web開催. 2020/12/7
  • 萩原圭祐. 総合病院精神科における漢方薬の使用経験・ 不眠症状に効果が期待できる漢方薬と養生に関して(座長). 第2回大阪大学漢方ネットワークセミナー. 阪大病院14階会議室・Web(ハイブリッド). 2020/12/15
  • 萩原圭祐. フレイル・サルコペニア対策における漢方薬の役割. 奈良臨床漢方医学セミナー. web開催. 2021/2/4
  • 萩原圭祐. 消化器医が注意すべき超高齢化社会におけるサルコペニア・フレイル対策(会長特別企画特別講演). 第17回日本消化管学会総会学術集会. web開催. 2021/2/19
  • 萩原圭祐、梶本勝文、大佐賀智、長井直子、下瀬川恵久、中田英之、斎藤仁美、竹内麻里子、下野九里子、木島貴志. Promising Effect of a New Ketogenic Diet Regimen in Oatients with Advanced Cancer. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会. web開催. 2021/2/21
  • 萩原圭祐. 融合医学によるフレイル・サルコペニア対策について. 高齢者医療の為の漢方 Web Seminar. web開催. 2021/3/25
  • 萩原圭祐. レジリエンス誘導:漢方医学の概念と多感覚的アプローチ. 二つの文化、二つの感覚 いかに芸術と人文学は医療教育と日英間の文化理解に寄与できるか. レクチャー. web開催. 2021/3/27

著書

  • 萩原圭祐. 「基本がわかる 漢方医学講義」代表的な漢方薬 八味地黄丸:第3章2-6(分担執筆). 119-124. 日本漢方医学教育協議会(編). 羊土社. 2020/12/15
  • 萩原圭祐. 「漢方がみちびく心と体のレジリエンス(回復力)」(単著). 大阪大学出版会. 2021/3/3

メディア

Web

  • 「癌ケトン食治療コンソーシアム」研究成果  進行性がん患者で新しいケトン食療法による有望な結果 ~国際科学雑誌Nutrientsで発表~.日本経済新聞. 2020/07

学術新聞

  • 癌ケトン食療法の現状と課題.PEN栄養ニューズ. 2020/11/1