大阪大学大学院医学系研究科

血液・腫瘍内科学

Department of Hematology and Oncology, Graduate School of Medicine, Osaka University

はじめに

私たちは、患者と真摯に向き合える血液内科臨床医、 世界中の患者を救う新しい治療を開発する研究者を目指します。

白血病などの血液疾患は若い人が罹患する悲惨な病気というイメージがありますが、実際はかなり多くのがん患者を内科的治療にて治すことができます。皆様も血液内科医になればそれを実感することができ、大いにやりがいを感じるはずです。一方で、どれだけ努力しても現時点では治せない患者もまだまだ沢山おり、そのような患者を治せるようにすることを志して、とことん研究することもまた大いにやりがいのあることです。一流の血液内科臨床医を目指す人、一流の研究者となり世界中の患者を救う新しい治療を開発することを目指す人、あるいは臨床も研究もどちらもとりあえずは経験したい人、そのすべての人を私たちは全力でサポートします。

当科の魅力

多くの病院から血液内科医が求められています。

血液内科医は全国的に圧倒的に不足しており、皆様が血液内科医になられたら多くの病院から引く手あまたです。

内科診療全般が身につく

血液内科では血液だけを診ているわけでなく、全身が診れないと患者の治療はできません。血液内科医としてのトレーニングを受ければ、一般内科医としての力量は十分につきます。実際、市中病院では血液疾患だけでなく、幅広く内科診療を行っている医師も多数おります。

ワークライフバランスを重視

コメディカルも含めたチーム医療が浸透しており、ワークライフバランスを重視した勤務形態が可能です。女医も多く、出産・育児との両立に配慮した勤務が可能です。

いつでも見学可能

血液内科に少しでも興味があれば、是非気軽に御連絡ください。無理に入局を勧めることは致しません。多くの関連病院の中から、それぞれに合っていそうで、かつ豊富な血液内科の症例が経験していただける病院を紹介して見学していただけるようにいたします。

卒後研修・専門医・学位

基本的な考え方

大阪大学血液・腫瘍内科における若手医師育成において、最も重要なポリシーは”自由“です。研修医の先生がどのような希望を持っているかを第一に考えて、それをできるだけサポートできるように柔軟に対応するのが医局の役割だと考えております。どんどん自分自身の道を切り拓いてください。下記は、典型的な例ですが、それ以外のどんな道もあり得ます。

3年目から5年目

関連病院あるいは大学病院で内科専門医研修を行います.当グループの関連病院はいずれも多くの血液内科症例の診療を行っている病院ばかりですので、数多くの血液疾患の診療を経験できるます。その上、他の内科系科も充実した病院ばかりですので、一般的な内科研修としても充実したものとなり、5年目終了以降での内科専門医の取得を目指して十分な症例数が経験できます。各研修医の先生がどのような研修を希望しておられるかに合わせて、適切な病院を御紹介できます。また、少しでも早く大学での研究を始めたいという方は5年目に大学に戻るようなプログラムを選択して頂き、研究室の雰囲気を味わってもらうことも可能です。

6年目以降

関連病院あるいは大学病院で造血幹細胞移植・CAR-T細胞療法等の血液内科専門研修を行うか、大学院へ進んで研究生活を行うことになります。血液内科専門研修を終えてから大学院に進まれる場合もありますし、その逆も可能です。もちろん、大学院には進まず、臨床一本で進んでいかれる先生もおられます。また、全国のセンター的な病院において武者修行をしたいという希望があれば積極的に紹介します。腫瘍内科専門医の資格を有している医師も大学および関連施設におり、腫瘍内科に興味のある方には、我々の関連病院の枠にとらわれずに良い研修先を紹介させていただきます。

大学院での研究と海外留学

大学院に進み、血液疾患が “なぜ治らないのか””を深く考え、新しい検査や治療の開発に少しでも貢献しようと夢見る時期を数年間持つことは、その後再び臨床に戻り、臨床医として生きていくとしても、とても大きな財産になります。また、より基礎的な研究に一度没頭してみたいという方には、免疫フロンティア研究センターをはじめ、様々な基礎医学教室を御紹介することが可能です。学位取得後には、海外への研究留学をされることを勧めており、希望があればサポートいたします。もちろん、大学院には進学せず、専門医として臨床医として研鑽を続けるというキャリアもあり、色んな志向を持った方が、それぞれ自由に羽を伸ばして活動することが一番大切だと考えています。

医局員の声

阪大血液・腫瘍内科に入局された先生方の声を掲載しております。是非ご覧下さい。

久保 茂世 先生(平成30年卒 / 令和2年度 初期研修医)

このたび大阪大学医学部血液・腫瘍内科に入局させて頂くこととなりました、久保茂世と申します。現在は大阪大学医学部附属病院にて初期研修をしております。
私は元々体を動かすことが好きで、どちらかというと外科系に見えることの方が多かったのですが、そんな私が血液内科医になろうと決めた理由はこの科がどの科よりも「闘う科」であると感じたからです。厳しい病状の患者さんをなんとか治すため、予後が限られた患者さんの残された時間を本人が望むように過ごせるため、試行錯誤し、治療方針を議論している先生方を見て感動しました。医者側も精神的に苦しい局面が多い中で奮闘し続ける先生方の姿が胸に焼き付いて、他に外科も含めた色んな科をローテートしましたが結局一番心に残っていたのは血液内科でした。
考えるよりも先に身体が動いてしまうようなタイプではありますが、一人前の血液内科医になれるよう精進していきます。

美馬 風花 先生(平成28年卒 / 令和2年度 専攻医)

私が血液内科に興味をもった契機は大学の授業で血液疾患の病態の面白さに触れた時からなのですが、ポリクリで、初期研修で、そして専攻医になって、その度に新たな発見と魅力に気付く毎日です。診断から看取りまでといいますが、血液の患者さんの主治医になることはまさに「患者さんと苦楽を共にする」日々の連続。しんどい患者さんが元気になるその過程には責任がありやりがいがあり笑いがあり涙があり、語り尽せません。また市中病院では血液の些細な異常のコンサルトを受けることも多く、鑑別や診断も血液内科の非常に面白い所と思います。「稀少疾患はレアではない。」日々、初めての疾患に出会います。きっと一生では出会い尽せないのでしょう。よく知っているつもりの疾患でも、よく目を凝らせば教科書には載っていない新しい発見があります。多分一生マンネリとは無縁の、患者さんがやってきたらその度にワクワクする、そんな血液内科医として一緒に働きませんか。

中井 りつこ 先生(平成25年卒 / 令和3年度 博士課程大学院生)

「私の最期はぜひとも先生に看取ってほしい。」−医師4年目のとき当時担当していた骨髄腫の患者さんにこの言葉を伝えられた瞬間、心が震えたのを今でも鮮明に思い出します。医学生の頃から「医者になるなら不治の病であるガンと戦いたい」という強い思いから、血液内科の魅力に惹かれてこの科を選びました。市立堺病院で臨床研修を終え、その後、国立がん研究センター中央病院に赴き、主に悪性リンパ腫に関する臨床経験を積んだのちに大阪大学に帰局し、現在は大学院生として臨床で感じた多くの疑問を基礎研究の世界で問いかけています。
血液内科はすぐに治療をしないと助からない場合が多い一方、治療に伴うリスクも非常に高く、常に正しい臨床診断と、患者さんの全身状態を的確に把握する力が問われます。患者さんの覚悟をひしと受け止め、その患者さんにとって何が幸せかを考え尽くす。医師として、人として、自分に何ができるか。そんなことに一生懸命になれる後輩と、共に切磋琢磨し合えることを楽しみにしています。
冒頭の患者さんはその後の治療が奏功し、4年経った今も元気に私の外来に通われています。喜びも辛さも、やりがいも責任も、全てを十二分に味わえる。それが、血液内科です。

多田 雄真 先生(平成23年卒 / 大阪国際がんセンター血液内科・AYA世代サポートチーム)

私は高校生のときに脳神経外科医だった父をがんで亡くして以来、患者さんと共にがんと闘う医師になることを志しました。国立大阪医療センターで初期研修後、化学療法や緩和ケアのスペシャリストとして腫瘍内科医を目指すと胸に決め、同施設で臨床腫瘍科の後期研修を2年間行いました。
化学療法を勉強する中で、化学療法だけで根治を目指せる血液内科に強い興味を抱き、5年目を迎えたタイミングで血液内科の専門研修を希望し、大阪府立成人病センター血液・化学療法科 (現大阪国際がんセンター血液内科) に異動しました。新天地は本邦の黎明期から造血幹細胞移植に取り組んでいる施設でした。造血幹細胞移植は多くの血液疾患にとって唯一の根治的治療ですが、強い移植前処置や移植後の合併症 (感染症やGVHDなど) のために治療関連死亡も (改善傾向にはありますが) 未だに多い治療法です。ハイリスク・ハイリターンの治療に命懸けで臨む患者さんを医師や看護師だけでなく薬剤師やリハビリセラピスト、栄養士、臨床心理士などがチームで支えて、一緒に病気と闘っていく、そういった姿勢にやりがいを感じ、造血幹細胞移植とチーム医療を現在は専門にしています。
また血液疾患には若い患者さんも多く、治療で完治を目指せる反面、治療後の合併症や精神的問題、妊孕性温存や就学・就労などの社会的な問題を抱えています。そのような患者さんに様々な院内のリソースや社会資源とつないで対処していく中で、血液疾患に限らず、広くAYA世代のがん患者さんへの支援に興味を持ちました。現在は血液内科医としての仕事と並行して、大阪国際がんセンター内でAYA世代サポートチームを主催したり、地域や学会の活動や患者支援団体などのピアサポートイベントにも積極的に協力し、広くAYA世代がん患者さんのために活動しています。
患者さんを診るだけではなく、患者さんから得られた貴重なデータを臨床研究という形で発信することも重要な臨床医の使命です。血液内科の諸先輩方のご指導や、多職種の方のご協力を得ながら、国内外の学会に研究成果を発表する機会を頂いています。阪大の関連病院でもClinical Blood Club (CBC) という枠組みで多施設の臨床研究を応援いただいています。
大学院に進まず、基礎研究を行わずにキャリアを積んでいるので阪大の医局内では特異な存在と自覚していますが、臨床に強い興味を持っている学生さんや研修医の先生方の参考になれば幸いです。何気ない日常の中で突然、白血病や悪性リンパ腫に罹患し、思い描いていた人生が大きく変容してしまった若い同世代の患者さんをなんとかして元の人生に戻すお手伝いを、皆さんと一緒に取り組める日を楽しみにしています。

上田 智朗 先生(平成19年卒 / 大阪大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学 助教)

私は学生時代から臨床に興味があり、後期研修終了後も臨床医として市中病院で一生懸命目の前の患者さんの診療を行っていました。それ自体は非常に充実した生活であり、血液内科医としてのスキルは一通り身につきましたが、「より深く血液学のことを理解したい」という自分の思いと、「血液内科医としてやっていくなら一度は研究をした方が良い」という上司からの強い勧めがあり大学院へ進学しました。大学院では主に造血幹細胞の研究を通して、基礎研究の重要性・奥深さ・難しさを痛感しましたが、一番の驚きは患者さんに偉そうに説明していた「造血幹細胞」が実はまだ同定されていないということでした。血液内科の領域でも新薬などが次々出ていますが、未だにわかっていないことだらけなんですね。博士号を取得し再び臨床医として働いてみると、大学院に入る前とは少し違う風景が見える気がします。より「客観的・俯瞰的」に患者さんや疾患をみることができるようになったと感じます。色々なキャリアプランがあると思いますが、チャンスがあれば一度は基礎研究に触れる期間があっても良いかもしれません。

出産・子育て支援 

医局員の声

当教室では、ジェンダーフリーを目指しており、女性医師支援も積極的に行っております。医局員の声をご紹介いたしますので、是非ご覧下さい。

西浦 伸子 先生(平成22年卒)

現在私は、幼い子供を育てながら血液内科医として市中病院で働いております。子育てと仕事の両立を考えておられる先生方もおられると思いますので、まだ発展途上ですが私のケースをご紹介させていただきます。
卒後3~5年は腫瘍内科で後期研修を行い、卒後6年目で阪大血液内科に入局しました。入局後1年間は阪大附属病院の病棟業務に従事し、卒後7年目から大学院生として輸血部で血小板機能の研究をさせていただきました。卒後10年目で博士号を取得し、卒後11年目の現在は、関連病院で臨床に復帰しております。大学院在学中に、血液内科専門医と、がん薬物療法専門医の資格を取得し、プライベートでは妊娠・出産を経験しました。妊娠中は妊娠中期から切迫早産になり、突然休まざるを得なくなったために、大変多くの先生方にご迷惑をおかけしました。大学病院での担当業務と外勤については、医局内の先生方が代理をしていただき、落ち着いて療養することができました。産後3か月で復帰した時は不安でいっぱいでしたが、子育てをしながら勤務しやすいようにご考慮いただき、なんとか社会復帰を果たすことができました。久々の臨床現場への復帰先については、子供の保育園への送迎を行える自宅から比較的通いやすい関連病院を選択させていただきました。現在の勤務先では当直を免除していただき負担を軽減していただく一方で、大変勉強になる症例を数多く担当させていただいております。手のかかる幼い子供を育てながら、重篤な患者さんも多い血液内科で働くことは決して容易ではありませんが、理解ある上司に恵まれ、試行錯誤をしながら充実した臨床経験をさせていただいております。私のように仕事と子育ての両立を頑張りたいと思う仲間が益々増えることを期待しております。

小池 翠 先生(平成23年卒)

私は後期研修で一般血液内科疾患を経験したのち、造血幹細胞移植を主に診療している病院に医師6年目から3年間勤務しました。医師8年目に第1子を出産し、復職後大学病院へ移動しました。9年目で第2子を出産し現在復職しています。第1子は5ヶ月、第2子は6ヶ月で復職しました。
出産の最適なタイミングは人それぞれだと思います。私の場合は妊娠出産前に血液内科専門医を取得し、造血幹細胞移植を数年経験したことにより、血液内科診療全般を集中して学ぶことができたので良いタイミングだったと感じています。
現在は大学病院で診療業務を減らす、当直の免除など業務を調整していただいています。出産前と同様には勤務できないことのジレンマを感じることはありますが、血液内科の診療を続けることが重要と思い、周囲の方々のご厚意とサポートで続けることができています。また、今後は大学院進学を予定しています。
現在の血液・腫瘍内科医局では精神的にも制度上もサポート体制が整ってきていると実感しています。もし不安な点があれば相談してください。ぜひ一緒に血液内科医と子育ての両立にチャレンジしてみませんか。

福島 健太郎 先生(大阪大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科 病棟医長)

医師としての人生の最初の10年は、多かれ少なかれ仕事もプライベートも忙しい。初期研修は大学で研修する医師は減ったが、研修の形は自由になると同時に、キャリアプランを様々な先輩医師に聞くことが減ってきたように感じる。しかしその間に人生における転機(結婚、出産、育児など)は次々にやってくる。こればかりはすべてが計画的にできるものでもなく、医師として働く限り、悩み続けることになる。さまざまな医師のキャリアの形、それを大学臨床では提供し、自身にあったプランを描くようサポートしている。私は父親になる直前に、医局の先輩から「主治医は代わりがいるが、親の代わりはいない。心置きなく休んでください」というお言葉をいただき、医局の包容力の高さを身を持って感じながら長女の出産に立ち会うことができた。それから15年、当科では病棟担当医の半数以上が保育園〜高校生の現役子育て中のパパ・ママ臨床医であり、共働き夫婦も多い。さらに、現役医学部生の女性の比率は35%であるという。これからさき、「女性医師」だから、という言葉は無くなってしまうくらい、男女の区別はなくなっていくのではないだろうか、あるいはなくなっていくくらい、仕事と家庭を両立することが求められることと考える。かつての血液内科臨床は重症者も多く、長時間や休日の労働が勲章のように考えられてきたが、現在の当科では土休日はもちろん平日17時以降の業務は、家庭での役割や自学自習にうちこめるよう、当番医師以外はDutyを設けず自身で休暇をデザインできる。適切な休養とリフレッシュが業務への効果的なモチベーションになるよう、あるいは学会など自己研鑽を可能になるよう、平日コアタイムでの確実な情報共有・伝達システムを構築し代理医が主治医と同様に処理、判断できるようにしている。大学臨床で、CAR-T療法や早期臨床試験、また難度の高い症例など、通常ではできない経験を、ワークライフバランスをとりながら一緒に体験する仲間を心待ちにしている

大阪府

①市立豊中病院 ②箕面市立病院 ③市立吹田市民病院 ④市立池田病院 ⑤大阪国際がんセンター ⑥住友病院 ⑦大手前病院 ⑧日本生命病院 ⑨第2大阪警察病院 ⑩八尾市立病院 ⑪堺市立総合医療センター ⑫りんくう総合医療センター ⑬大阪医療センター ⑭大阪急性期・総合医療センター ⑮大阪南医療センター ⑯市立東大阪医療センター ⑰大阪大学医学部附属病院

兵庫県

①市立芦屋病院 ②市立伊丹病院 ③兵庫県立西宮病院 ④関西労災病院 ⑤川崎病院

お気軽にお問合せ下さい
お問い合わせ / 06-6879-3871
(研修担当:植田 康敬)