博士課程

博士学位申請手続きについて(課程博士)

The English version will be found below.

課程博士:大学院に入学して、所定の課程を修め、論文審査に合格し学位を取得します。*単位修得退学後3年以内での学位取得を目指す方も課程博士に該当します。
(*単位修得退学:本研究科博士課程に4年間在学し、修了に必要な30単位を修得して退学すること。)

学位申請通知・申請書様式

通知文書[PDFファイル]・・・通知文書を熟読の上、手続きを進めてください。

※Google Chromeでこのサイトをご覧になっている場合、申請書類のダウンロードができないことがあります。他のブラウザ(Microsoft Edge、FireFox等)を利用してみてください。

博士学位申請(課程博士)について(通知)

※早期修了(3年次3月末及び4年次9月末)希望者は、仮申請に先立って、教務委員会による承認が必要です。以下を熟読し、申請書類をダウンロードのうえ、申請してください。

4年次9月末修了手続き [PDFファイル] <申請期限:5月20日 土日祝日にあたる場合は、前日。

3年次3月末修了手続き [PDFファイル] <申請期限:11月20日 土日祝日にあたる場合は、前日。

  【4年次9月末・3年次3月末共通】
    申請書類(早期修了希望者) [ZIPファイル]

申請書類

【1】仮申請書類・・・以下のうち、該当するものを利用してください。
  (A) 仮申請書類 [ZIPファイル]
  (B) 仮申請書類(2回目) [ZIPファイル]
  ※仮申請書類(2回目)は、論文内容の大幅な変更、副査が主論文の共著者となった、副査が退職した等が該当します。

【2】 予備審査書類 [ZIPファイル]・・・予備審査の際に持参し、副査の署名をもらってください。
【3】 研究発表会書類 [ZIPファイル]・・・研究発表会の2週間前までに提出(研究発表会の日程は こちら
【4】 本審査書類 [ZIPファイル]・・・各月博士課程委員会(原則第2木曜日)の2週間前までに提出

各申請書類提出期限

該当者のみ必要な書類

・副査が主論文の共著者となったが、副査の変更をしない場合に必要な書類
  博士論文共著者を副査(予備審査委員)候補とするための理由書[Wordファイル]

・複数筆頭著者による論文で学位申請する場合に必要な書類
  申し合わせ・複数筆頭著者理由説明書・複数筆頭著者論文内容証明書・誓約書[Wordファイル]

申請手順

課程博士学位取得は下記の1~4の順序に従って進行します。

学位論文の審査を受けるにあたっては、少なくとも主論文1編を提出することを要します。
主論文は、和文の場合は単名であること、欧文の場合は共著も認めますが、筆頭者であることを原則とします。
※詳細は「 博士学位申請(課程博士)について(通知)」の内容をご参照ください。

【1】学位授与仮申請:「予備審査委員」及び「主査・副査」の決定-博士号資格審査委員会

予備審査委員候補者及び主査・副査候補者について、申請者の指導教授からの推薦をもとに、主査1名及び副査2名(予備審査委員を兼ねる)を決定します。(ただし、副査については、指導教授から推薦された候補者以外から決定する場合もあります。)

【2】予備審査会

予備審査委員と日程調整を行い、予備審査会を実施してください。なお、予備審査会に合格しなければ、研究発表会に進むことがでないため、合格するまで予備審査会を行うこととなります。

【3】研究発表会 〔通常、毎月第2水曜日 第4木曜日〕

2021年度はオンラインでの開催となります。

研究発表会の日程は こちら から確認してください。

予備審査会に合格後、研究発表会の申請をすることができます。研究発表会は公開により実施され、申請者は、学位申請論文についてのプレゼンテーションを行います。スケジュール調整は、主査、副査と行ってください。

【4】本審査-医学博士課程委員会

研究発表会に合格すれば、学位申請することができます。
翌月以降の医学博士課程委員会において審査されます。

博士学位申請手続き問い合わせ先

医学系研究科教務室教務係
TEL:06-6879-3066(平日9時~12時、13時~17時)
FAX:06-6879-3347
E-mail : i-kyomu-kyomu@office.osaka-u.ac.jp

Application Procedure for Doctoral Degree (For Doctoral Course Student)

Doctoral Course Student: Enter a graduate school, complete a prescribed course, pass the examination of the dissertation thesis, and obtain a degree.(Those who aim to obtain a degree within three years after completing all credits and withdrawal are also eligible for a doctoral course.)
Withdrawal after earning all credits without earning a degree:
Applicants must be in the doctoral course at the Graduate School of Medicine for four years and completed all 30 credits required for completion before withdrawing from the school.

Notification/Application Documents

Notification: Please read the notification below carefully
Application Procedure for Doctoral Degree

*Students who wish early graduation must receive approval by the Educational Affairs Committee before Provisional Application (KARI-SHINSEI). Please read the below documents regarding the process for early graduation and submit application forms below.

Process for 4th year September early graduation[PDF]
[Application Deadline:May 20] *If it falls on Weekends or Holiday, the deadline will be moved forward
Process for 3rd year early graduation[PDF]
[Application Deadline:November 20] *If it falls on Weekends or Holiday, the deadline will be moved forward.

Application Forms for Early graduation [ZIP file]:

Application Documents / Application Forms

(1)Provisional Application Documents-Use appropriate one from the followings

(A) Provisional Application Documents[ZIP file]

(B) Provisional Application Documents (2nd)[ZIP file]
*For whom there are major changes in the thesis, one of the Sub Examiners becomes a co-author, or one of the Sub Examiners resigns or retires.

(2) Preliminary Review Result Sheet[ZIP file]

(3) PhD Thesis Presentation Documents[ZIP file] 

(4) Final Review (HON-SHINSA) Documents[ZIP file] 

Documents for Special Cases

・In case in which there is no change to the Sub Examiner although one of the Sub Examiners becomes a co-author
Statement of Reason for designating a joint author as a Sub Examiner[MS-Word]

・If the thesis has multiple first authors
Statement of Reason for Multiple First Authors[MS-Word]

Guide for Application Procedure

A PhD degree will proceed in the order of I-4 below;

In order to take the examination of the dissertation thesis, it is necessary to submit at least one main thesis. The main thesis in Japanese must be written by one person; joint authorship for the thesis in other languages is permitted with you as first author.

(The article should be a paper published or scheduled to be published on the peer-review journal.)

(1) Provisional Application (KARI-SHINSEI):Designation of the Primary and Sub Examiners (Preliminary Reviewers – PhD Qualifications Committee)

Regarding candidates for Preliminary Reviewers, they are decided one Primary Examiner and two Sub Examiners based on recommendation of applicant’s professor (manager in your laboratory).

In some cases, the Sub Examiner is a professor other than the nominated by a supervisor.

(2) Preliminary Review (YOBI-SHINSA)

Review schedule is arranged between the applicant and the Preliminary Reviewers. If the applicant does not pass the preliminary review, it must be repeated until the applicant passes it.

(3) PhD Thesis Presentation (It is usually held on the 2nd Wednesday and 4th Thursday of each month.)

It is held by online in FY 2020.

Check the schedule here .

The applicant sould apply for PhD Thesis Presentation after passing Preliminary Review. The PhD Thesis Presentation is held in public, and the applicant gives a presentation for doctoral degree. (Arrange the schedule with the Primary and Sub Examiners.)

(4) Final Review (HON-SHINSA)

After applicants pass the PhD thesis Presentation, you can apply for Degree Conferment. The review will be made at the Faculty Meeting in the following month or later.

Contact Information for Doctoral Degree Application

Educational Affairs Section, Graduate School of Medicine / Faculty of Medicine, Osaka University
E-mail : i-kyomu-kyomu@office.osaka-u.ac.jp